注文住宅はどうやって選ぶ?ハウスメーカーと工務店の特徴を把握しょう

自由度の高さを求める人におすすめの工務店!

せっかく注文住宅を建てるなら、細部までしっかり拘りたいと考える人も多いでしょう。そういう方におすすめなのが工務店です。工務店というと「規模が小さい」「費用が高くなりそう」「ちょっと信用できるか不安」と、マイナスのイメージを持つ方がいるかもしれません。しかし、工務店はハウスメーカーよりも自由度が高いというメリットがあります。

大手ハウスメーカーは特定の工法で住宅を造る場合が多く、それによって工賃を安く抑えています。費用が安く済むのはよいですが、規格がある程度決まっているので細部まで自由に選べないこともあります。工務店なら一から希望に応えてくれることが多いので、細部まで拘りたい方にぴったりです。また、工務店は地域密着型のところが多く、アフターサポートが充実しているというメリットもあります。

安心感や安さをとるなら大手ハウスメーカー

大手ハウスメーカーに注文住宅を依頼する一番のメリットは安心感でしょう。年間かなりの数の注文住宅を建てている実績があるため、安心して依頼することができます。材料をまとめて工場に依頼するなど、コストを安く抑えるためのノウハウもしっかり持っているため、コスパの良い注文住宅が建てられるというのも魅力です。中には坪単価30万程度のローコスト住宅を建てることが可能なハウスメーカーもあるので、少しでも安く注文住宅を建てたいと考えている人は、まず大手ハウスメーカーからチェックしてみるとよいでしょう。全国展開しているハウスメーカーも多いので、選択肢の幅が広いのもメリットになります。

大阪の注文住宅で間取りを決めるときには、使い勝手がいい水回りの位置にも気を付けることがポイントです。