注文住宅の業者選びで、大切な2つのポイントとは?

自分たちのニーズに合った業者のタイプを見極める

注文住宅の最大のメリットは、自由設計できる範囲が広いこと。自分たちの好みやニーズに合わることができるので、使いやすさや満足度の高い家造りが可能になります。それを実現するには、自分たち希望をしっかり理解してくれる業者を選ぶことが、まず大切なポイントです。一口に注文住宅の業者といっても、様々なタイプがあります。例えば小規模で地域密着型の工務店の場合、経営者自身が現場の先頭に立ちながら、施主の細かい注文にも耳を傾けてくれるケースがよく見られます。また業者ごとに得意とする工法も異なります。木造が得意な業者もあれば、鉄筋コンクリート造りあるいはツーバイフォー工法が得意な業者もいます。いずれにしても注文住宅では、自分たちに合った業者のタイプを見極めることが重要になります。

プロとしてハッキリ意見を言ってくれる業者

注文住宅の業者選びでもう1つ大切なポイントは、プロの意見をハッキリ述べてくれる業者です。素人である施主の希望や意見だけを何でも受け入れてしまうと、機能性や安全性等に欠けるリスクの大きい住宅にもなりかねません。そうなると最終的にそのリスクを負うのは施主です。したがって経験や技術に優れるプロの客観的な視点が、設計段階では重要になります。さらに住宅が完成した後になっても、定期点検や緊急メンテナス等で、業者とは長い付き合いになるのが一般的です。素人である施主に対しても、プロの視点から客観的に意見を言ってくれるのは、本当に頼れる業者と言えるでしょう。

注文住宅にそれほどお金をかけたくないファミリー層が2000万の家を建てるポイントは、大手メーカーを選ばない、住宅会社の規格内の間取りにする、デザインをシンプルにすることです。