別荘で快適に過ごすために「行かない間」にできること

別荘は人がいないときのメンテナンスが大切

別荘を購入するとき、その場所選びで人気なのは、夏でも比較的涼しく過ごせる避暑地です。そうした土地は、自然が豊かであったり、山のなかに別荘地が開発されていたりすることも多くあります。都会とは違う環境で癒されるのが、別荘ライフの大きなメリットの1つかもしれませんが、一方で、普段別荘を使用していないときの管理を怠ると、かえって大変な思いをするかもしれません。自然が豊かな避暑地などは、湿気が多いことも少なくありません。そうした地域に別荘を持つ場合、きちんとした除湿対策をしていないと、訪れたときに別荘のなかがカビだらけというトラブルにつながりかねないのです。そうしたトラブルを避けるためにも、建築時に備え付けタイプの除湿器を壁に取り付けるなど、あらかじめ除湿対策を検討しておくことが重要だと言えます。

別荘管理を専門業者に任せるのも1つの方法

人が使用していなくても、別荘を長い間空けることで、室内が汚れたり、空気が淀んだりすることもあります。そうした状況で別荘を訪れると、リラックスする前にまずは掃除から始めないといけなくなってしまいます。別荘ではできるだけ何もせず、リラックスできるように、定期的な清掃やメンテナンスを請け負ってくれる、別荘管理の専門業者を利用するのも有効です。業者によっては、室内だけではなく、建物周りの植物の剪定なども行ってくれるため、訪れたときに鬱蒼とした敷地内へ足を踏み入れる必要もありません。また、避暑地に建つ別荘を冬に使用する人も多いため、暖房器具も用意しておくと安心です。さらに、訪れる日時を事前に伝え、室内を温めておいてもらったり、寝具を整えておいてもらったりできる業者もあります。

最近の夏は気温が40度近く上昇する日が続いています。なので例えば高山地帯の八ヶ岳の別荘だと涼しく過ごしやすいです。