詳しく知りたい!賃貸オフィスのメリット・デメリット

賃貸オフィスのメリットは初期費用の安さ!

賃貸オフィスのメリットの1つとして「初期費用の安さ」が挙げられます。起業する際には、オフィスを準備するだけではなく、事務用品やOA機器といった様々な備品が必要となります。それ以外にも細かな出費が起業時は多くあります。起業の際の初期費用を出来るだけ抑えたいという人に賃貸オフィスは人気となっています。

成長に合わせて移転が可能!

事業が上手くいき企業が成長していくと従業員も増えていきます。起業時のオフィスでは手狭に感じた時に気軽に移転出来る事も賃貸オフィスのメリットです。現在の事業・従業員に合わせた広さのオフィスに次々移転する事が可能なのでオフィスに窮屈さを感じる心配がありません。

メンテナンスの手間がかからない!

オフィスを購入・所有すると定期的にメンテナンスを行う必要があります。メンテナンスを怠るとオフィスの劣化が進んだり、補修費用が高額になるといったリスクが生じます。一方、賃貸オフィスは、毎月の賃料と共益費を支払うだけでメンテナンスの手間がかかりません。賃貸オフィスの管理会社がメンテナンスを全て行っています。また、補修等を行う事になってもメンテナンス費用を別途請求される心配もありません。賃貸オフィスは常に快適な環境で仕事に集中する事が出来ます。

デメリットは毎月の家賃の支払い!

賃貸オフィスのデメリットは、毎月家賃の支払いが発生するという点です。事業が上手くいかなくなったからといって支払いを待ってもらう事は出来ません。また、インフレ等で毎月の家賃が上がったり、値上げ交渉が行われる事も珍しくありません。

港区で賃貸事務所を構えるとステータスになります。賃料が高い傾向にありますので、それだけブランド力のある場所です。