注文住宅で収納スペースを検討する際のポイントとは?

収納スペースの設計ではこの視点が大切になる

一口に家の収納スペースといっても、玄関のシューズボックスやキッチンの食器棚、あるいは寝室のクローゼットや子供部屋のおもちゃ入れまで、様々なタイプがあります。注文住宅を設計するなら、これらの収納スペースをしっかり考えることが大切です。使い勝手の悪い収納スペースでは、日常生活にも支障をきたすことになり、暮らしに快適さが失われることにもなりかねません。そこで収納スペースを検討する場合には、単にスペースの広さだけでなく生活動線や出し入れのしやすさ、そして見た目の美しさまで、長期的かつ柔軟な視点で考えることが大切です。

回遊性を意識して使い勝手を向上させる

収納スペースで求められるのは、やはり機能性や使い勝手のよさでしょう。それを満たすポイントになるのが、回遊性の確保です。この点、奥に長く深い収納スペースになると、物を取り出しにくくなるため、やがて詰め込むだけの物置になってしまう傾向があります。これを避けるには、できるだけ回遊性を確保することが大きなポイントになります。例えばリビングの収納スペースであれば、出入り口を2箇所にすることで、回遊するように物を出し入れしやすくなります。また玄関からリビングへ通り抜け可能な収納スペースも、回遊性を確保しながら物を出し入れするには最適です。ここにスーツやワイシャツあるいはネクタイといったものを収納しておけば、出勤前の身支度がスムーズになります。いずれにしても、詰め込むだけの物置になるようなことは、回避できるはずです。

横浜の注文住宅は、古くから近隣地域の住民から支持されている工務店や、全国展開しているハウスメーカーなど様々な場所で施工をお願いすることができます。